130121king01

沖縄 金武町のFacebookページがなぜ参考になるのか。


地方自治体・公共団体がフェイスブックを運用する際、お手本となるフェイスブックページとは

 

学生んときから沖縄が好きで、もう何十回と足を運んでいます。最近はなかなか忙しくて行けてないんですが。。

自分が好きだから、というわけではありませんが、沖縄県にとてもうまくFacebookを運用されているまちがあります。

 

こちら
金武町Facebookページ
>>沖縄県国頭郡金武町Facebookページ

 

まあ、とりあえずおもしろいのは、ちょうど一年ぐらい前にFacebookに取り入れられた「タイムライン」の使い方です。

タイムラインというのは文字通り、時の流れ。時系列でその自治体に起こったことを(過去のことでも)ずーっと掲載できるというものです。

と、説明するより見てもらった方が早いですね。こんな感じ。

沖縄のフェイスブックページ

なんと、古いところでは1501年!玉陵(たまうどぅん)でっせ。。ふむふむ。。欲をいえば、絵でもいいのでなんか画像があればもっと良かったかも。

 

昭和に入ると白黒画像が見られるようになりますね。

国頭村金武町フェスブックページ

 

そして直近では、町のイベントや大切なお知らせを公開。町民とのコミュニケーションをうまく図っています。

地方公共団体のFacebook活用

 

とにかく、見てて楽しい。楽しいのでしょっちゅう見に来る。そして、大事なこともきちんと伝える。

理想的なフェイスブックページです。

各都道府県、市町村など、地方自治体のソーシャルメディア担当のあなた。沖縄金武町をお手本にやってみてはいかがですか??

 

あー沖縄行きたい。

田村でした。

 

【関連記事】
FacebookとTwitterの明らかな3つの違いを理解して有効に活用する方法

 

管理人プロフィール

↓初心者のためのGoogle活用術をRSS登録する
田村憲孝のブログをRSS登録する