iPhoneからアイパッドのキーノートのページを動かす方法

iPad(mini)のキーノートをiPhoneで操作する方法


iPad(mini)で表示しているKeynoteをBluetoothで接続したiPhoneで動かす手順

まず、このアプリをiPhoneにインストールしておいて下さい。

iPadのKeynoteをiPhoneで操作する
Keynote remote(85円)

 

次に、iPhoneとiPad、いずれもBluetoothが有効であることを確認しておいて下さい。

iPhone・iPadでのBluetooth設定方法
「設定」→「Bluetooth」でここを「オン」に。
iPhoneでiPadをカッコ良く操作する

 

Bluetoothの設定はOKですね。ではiPadのKeynoteを開いて下さい。

 

右上の「設定」アイコンをタップ
iPadのキーノートをiPhoneで動かす手順

 

「詳細」をタップ
アイパッドのプレゼンをiPhoneで操作する方法

 

「Remote」をタップ
iPadのキーノートをiPhoneでリモート操作する方法

 

「Remoteを有効にする」をオンにする。
リモート操作でiPadのプレゼンをする

 

ここまでできたらiPhoneの「Keynote Remote」を開きます。
iPhone Keynoteremote 設定方法

 

「認証に失敗しました」と出ますがガッカリしなくても大丈夫。「Keynoteにリンク」ボタンをタップしてください。
iPadのKeynoteを遠隔操作する手順

 

「新規Keynoteリンク」をタップします。
iPhoneのキーノートリモートを設定する

 

パスコードが表示されます。
iPadのプレゼンを遠隔で操作する方法

 

で、iPadを見て下さい。iPhoneとのリンクボタンが現れています。「リンク」をタップ。
iPhoneとiPadを連動してKeynoteプレゼンをする

 

iPhoneに表示されているパスコードを入力します。
アイパッドとアイフォンを連携してキーノートを動かす方法

 

これで繋がりました。
アイフォンとiPhoneを接続してKeynoteを操作する

 

iPhone側で「完了」ボタンをタップします。
iPhone5でアイパッドのプレゼンのページをめくる

 

接続できていますね。「スライドショーを再生」ボタンをタップします。
iPhone iPad キーノートリモートの設定方法

iPadで表示されているキーノートの画面がiPhoneにも表示されています。左にスワイプしてみてください。
iPhoneからアイパッドのキーノートのページを動かす方法

iPhoneの画面もiPadの画面も一緒に遷移します。

 

これで手にはiPhone。プロジェクターにはiPadを繋いだ状態で、手元のiPhoneからiPadのキーノートを操作できます。やってみましょう。

 

田村でした。

 

 

ついでに、AUのiPhone5ならこちらもやってみてはいかがっすか。

>>iPhone5でテザリングを設定する方法

 

 

初心者のためのGoogle活用術をRSS登録する
田村憲孝のブログをRSS登録する

 

 

 


0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。